弥彦山スカイライン:日本海沿いに聳える弥彦山を走るコース

概要

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

二輪車は終日通行止め。

それ以外も午後11時〜午前5時の夜間通行止め。

 

新潟県西蒲原郡弥彦村から長岡市を経由して新潟市西蒲区を走る新潟県道561号弥彦岩室線。
新潟県道561号弥彦岩室線は『弥彦山スカイライン』と呼ばれ、以前は有料道路でしたが、1981年より無料開放されました。
この弥彦山スカイラインを新潟県西蒲原郡弥彦村にある新潟県道2号新潟寺泊線との交差点(スカイライン入口交差点)⇔新潟市西蒲区にある新潟県道55号新潟五泉間瀬線との交差点までを走る約17kmのドライブコースです。


コース紹介

動画ではこのコースを往復しています。

 

スタートは新潟県西蒲原郡弥彦村にある新潟県道2号新潟寺泊線との交差点(スカイライン入口交差点:信号あり)から。

北へ向かう道は片側一車線の道。

初めのうちは、閑静な住宅地を抜けていきます。

住宅地を抜けると、山の中、森の中へ。

思いのほか、急勾配と急カーブが続きます。

道の両脇に木々が迫っているせいでしょうか?
やや狭い感じがします。

ここから二輪車終日通行止め&それ以外も午後11時〜午前5時の夜間通行止め。

皮肉な事に、二輪車通行止めから先の方が走りやすい道なりました。。。

比較的日本海に面した場所を走ってるのですが、開けた場所は見当たらず。
緑に囲まれています。

景色が良さそうですが、車中からは見えません。。。

とうとう弥彦山の『パノラマタワー』までやってきてしまいました。

このカーブの先に左側に駐車場、右側に『パノラマタワー』やロープウェイ乗り場や売店があり、そこを行き来する歩行者が居るので注意。(歩行者注意1)

無料駐車場があるので駐車してゆっくり眺めた方が良さそうです。(ビューポイント1)

『パノラマタワー』の前を過ぎると、下り坂になり再び森の中へ。

っと思いきや、日本海が望める場所が数か所ありました。
でも、脇見運転には注意!!

やはり基本は森の中です。

そして降って行くと、有料道路の名残でしょうか?
料金所跡と思われる場所がありました。

料金所跡の直ぐ先には、新潟市西蒲区にある新潟県道55号新潟五泉間瀬線との交差点があり、ここでゴール

お疲れさまでした。
詳しくは動画をご覧下さい。

動画と感想

・南⇒北

・通常視点(撮影:2018.08)

・後方視点&MAP表示あり(撮影:2018.08)

 

・北⇒南

・通常視点(撮影:2018.08)

・後方視点&MAP表示あり(撮影:2018.08)

 

新潟県の日本海沿いにある弥彦山を走る新潟県道561号弥彦岩室線『弥彦山スカイライン』
以前、有料道路だった為か、(一部を除き)走りやすい道でした。
ただ残念なのは眺望。
折角日本海に面した山を走り、眺望は良いと思うのですが、ほんの一瞬しかその眺望を見る事が出来ないのが残念です。
道路脇の草木の剪定などされると、より魅力的な道になりそうな気がします。
有料道路時代はその辺りどうだったのでしょう・・・

 

なお、内陸側も平野の広がる素晴らしい景色ですが、こちらも殆ど見る事は出来ませんでした。

周辺のドライブコース

データ

通過市町村
・新潟県
 新潟市
 長岡市
 西蒲原郡弥彦村

 

通過道路
・新潟県道561号弥彦岩室線

関連ページ

No.051 やまなみロード / 新潟県三条市
長野県木曽郡木祖村を走る『きさらぎの道』。 この『きさらぎの道』を長野県道26号奈川木祖線との交差点から国道19号との交差点(管交差点)までの約7.2kmのドライブコースです。
No.052 新潟県道183号鞍掛八木向線 / 新潟県三条市
新潟県三条市内を走る新潟県道183号鞍掛八木向線。 この新潟県道183号鞍掛八木向線を国道289号との交差点から吉ヶ平自然体感の郷までの約13kmをドライブコースです。
No.053 国道289号 / 新潟県三条市東三条〜新潟県側ゲート(通行止め)
新潟県新潟市から福島県いわき市を走る国道289号。 その内、新潟県三条市と福島県南会津郡只見町の間で自動車の通行不能区間(点線国道)となっています。 (2020.06現在、八十里越道路を建設中。) この国道289号を新潟県三条市東三条から新潟県側のゲートまでの約28.5kmのドライブコースです。